ソフト闇金と闇金、個人間融資の違い

ソフト闇金との違い

ソフト闇金も個人間融資もひとくくりにすると同じ闇金となります。しかし何故これだけソフト闇金の利用者が多いのでしょうか?そこで違いを少し説明していきたいと思います。

同じ闇金

消費者金融、銀行、街金など国や都道府県などから許可を頂いて営業を行っているところは闇金とは言いません。

許可が無い状態で営業を行っている業者の事を闇金といいます。

もちろん当店も闇金という事になります。

ソフト闇金も個人間融資も全て闇金という事になるのです。

金利も消費者金融に比べて数倍~数十倍高く返済周期も短いところがほとんどです。

違いは何か?

その闇金でもいくつかの種類に分かれてきます。

闇金

皆さんがご存知の090金融など呼ばれていたものでチラシを見たり電話で営業がかかってきたりして利用する地元密着型の高利貸しです。

融資の際も返済の際も対面で会う事が多く、昔からある金融業になります。

簡単にわかりやすく言うと『ミナミの帝王』『闇金ウシジマくん』などあんな感じです。

個人間融資

これは少し前からSNSや掲示板などで個人でお金を貸しますと言い営業を行っている闇金です。

内容は闇金とほぼ同じですが、対面でのところもあれば会わなくて振り込みでのところもあるようです。

普通に営業を行っているところもあるのでしょうが、悪質な事をする業者いるようで当店も相談を受ける事がよくあります。

個人という言葉に騙されて利用する方も多いようですが闇金業者が営んでいます。

ソフト闇金

こちらも数年前から出てきた闇金で、ホームページを持っておりそこに利息や条件など全て記載されています。

申込みもホームページ上から行う事が出来るので簡単に利用できます。

利用する前に条件等が全て確認できるのでトラブルも少なく、融資の際も返済の際も業者と会う事は一切ありませんので安心できるみたいです。

何故ソフト闇金は利用者多いのか?

なぜソフト闇金が人気なのかというと、『安心性』『簡易性』などがあるからのようです。

やはり借りる前にすべての条件が確認できるところや、申込みもいつでも手が空いた時にできるというのでここ数年かなり人気になってきているのです。

地域密着型ではない為に全国の方が利用されますのでご利用方が多いのではないかと思います。